ふるさと納税の仕組みは言葉ではイメージしづらいので、図に書くとこんな感じになります。

右側がふるさと納税を利用した人の場合、左側がふるさと納税を利用しない人の場合になります。

 

年収600万円の人をモデルケースとします。

まずふるさと納税をしない場合、1年目の税金は180万円。2年目も同じく180万円。
2年間で360万円の税金を支払うことになります。

ではふるさと納税をした場合はどうなるのか?

1年目は、180万円+68000円で、186万8000円の税金。
2年目は、前年の寄付金額から66,000円控除されるので、173万4000円の税金。
2年間で、360万2000円の税金となります。

結論として、ふるさと納税をすると2年間の税金が360万円2000円で、しない場合の360万円より2000円多く支払うことになります。

が!手元に豪華な返礼品が残ります。

これでやらないと損だ、ということがわかっていただけたと思います。

© 2017 ふるさと納税の仕組み rss